大会での制作過程,,,3

今回も制作過程のブログになります。^^;今回は前回のとはうって変わってボブスタイル
1

これはジオメトリックというものを意識して作ったアシンメトリーなスタイルです。^^
個人的にはかなり好きな感じに仕上がりました。笑

段の入れ方は丸くなるように入れて、裾は重めに設定して、上にいくほど軽くなるようにカット

そうすることで頭の丸みと合わさって丸く段が入ります^^←逆に裾を軽くして、その上を裾より軽く切るとくびれが強いスタイルになるわけですね。絶壁補正とかに使える技法です!
2

こちらは少し前髪の形を変えて、全体と繋げないレイヤーを入れて動きも出しました

それに合わせてスタイリングも変えてみました!

前髪の所に空間も出来てたので、先ほどの作品よりは抜け感、躍動感があると思います。

スタイリングもかわり動きも出てますね。^^

前髪はジオメトリック柄の切り替えをイメージして切りました。
こういうやつです。笑

この間ブログに書いた通りカットは

前下がり、水平、前上がりの3つのライン。

レイヤー、グラデーションという2つの段の種類。

それをパズルみたいに組みわせてカットしてるんです。(色々な髪型をつくっている)

そこにプラスアルファーとして

繋げない段、繋げないラインというテクニックを使い

個性というデザインを作るため

生えグセという毛流を収めるため

ヘアスタイルの再現性を上げるため

ディスコネクションというテクニックを使ってお客様一人、一人のカットを僕ら美容師はしております(^^
カットは奥が深いようでこんだけしかルールはありません(^_-)

あとは自分の思い描いたラインや段を切りやすくするための切り方をするだけです\(^-^)/

なのでお客様とのカウンセリングや会話を大切にして、悩みや好み色々なことを引き出していかないと良い髪型は作れないんだなーと

染々思いました。^^
少し脱線は致しましたが、カットは技術云々だけではなく、様々な要素が絡みあった集合体がヘアスタイルという形になって表現されます。

だからこそ奥が深く愉しいんだなーと思いました。

大会終えて僕はカットのラインだけに形を求めてしまい、スタイリングという手段での形作りを苦手なこともありしませんでした。(T-T)
なので今後はスタイリングの強化していこうと思います。
来年も頑張ります!

kubota

HOME

open AM9.00~PM19.00

毎週月曜日、第1日曜

〒861-4206
熊本市南区城南町さんさん1-6-7

TEL0964-28-2469

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中